So-net無料ブログ作成

東海道 小田原~箱根 [街道歩き]

3月30日。いよいよ、東海道最大の難所、箱根の山登りです。ぼくは、二度目ですが。

横浜から東海道線の始発で小田原へ。小田原の出発点である本町交差点、なりわい交流館前まで歩いて、そこからスタートです。6:15、出立です。
DSC_3492なりわい交流館.jpg

左側に久保田本陣跡。
DSC_3494久保田本陣跡.jpg

この日は、カメラの調子がおかしく、露出・ピントともにうまくいきませんでした。見苦しい写真が多いことをご容赦ください。

次いで、左側に上の問屋場跡。
DSC_3495上の問屋場跡.jpg

左側に老舗の小西薬局。
DSC_3497小西薬局.jpg

右側に、お城のような、外郎(ういろう)。
DSC_3502外郎.jpg

左側に、小田原駅跡。軽便鉄道の駅跡です。
DSC_3503小田原駅跡.jpg

箱根登山鉄道のガードをくぐります。
DSC_3505箱根登山鉄道ガード.jpg

右側に居神神社。
DSC_3506居神神社.jpg

その隣に光円寺。
DSC_3507光円寺.jpg

JRのガードの手前、板橋見附の信号で、右手の旧道に入ります。
DSC_3508JRガード.jpg

JRのガードをくぐります。
DSC_3509JRガード.jpg

ここから、箱根板橋の古い街並みとなります。

左側に老舗の下田豆腐店。
DSC_3511老舗豆腐店.jpg

右側に、明治36年建築の内野邸。
DSC_3514箱根板橋内野邸.jpg

右側に板橋地蔵尊。
DSC_3521板橋地蔵尊.jpg

箱根登山鉄道のガードをくぐり、国道1号線に合流します。
DSC_3522箱根登山鉄道ガード.jpg

合流点の左側に石仏石塔群。
DSC_3523石仏石塔群.jpg

国道1号線を歩きます。
DSC_3524国道1号線.jpg

箱根登山鉄道の踏切を渡り、旧道に入ります。
DSC_3525君田島踏切.jpg

踏切の向こう側、右側に日蓮上人霊跡。
DSC_3526日蓮上人霊跡.jpg

右側に妙覚寺。
DSC_3529妙覚寺.jpg

右側に道祖神。
DSC_3530道祖神.jpg

右側に寶泉寺。
DSC_3533寶泉寺.jpg

右側に紹太寺。ここはしだれ桜が有名なようで、ここにたどり着くまでのそこここに、「しだれ桜は山の中腹にあるので駐車場はありません」の立て看板がありました。
DSC_3534紹太寺.jpg

右側に山神神社。
DSC_3535山神神社.jpg

入生田の踏切を渡ります。
DSC_3536入生田踏切.jpg

駒ノ爪橋跡。
DSC_3537駒ノ爪橋跡.jpg

日本初の有料道路の碑。
DSC_3539日本初の有料道路.jpg

国道1号線に合流します。
DSC_3540国道1号線合流点.jpg

すぐ、右手の階段を上がって、擁壁上を進みます。登り口に達磨大師の交通安全碑があります。
DSC_3541階段を上る.jpg
DSC_3542交通安全の達磨.jpg

交通安全モニュメントのところで右手の旧道に入ります。
DSC_3543旧道入口.jpg

右側に牛頭天王神社の入口。冥界への入口みたいです。
DSC_3544牛頭天皇神社入口.jpg

国道1号線に合流します。
DSC_3545国道1号線合流.jpg

右手前方に箱根登山鉄道の箱根湯本駅が見えてきますが、街道はその手前で左折し、三枚橋で早川を渡ります。
DSC_3548三枚橋.jpg

これより旧東海道。本格的な登りが始まります。
DSC_3549これより旧東海道.jpg

左側に白山神社。
DSC_3551白山神社.jpg

右側に早雲寺。
DSC_3553早雲寺.jpg

左側に正眼禅寺。
DSC_3554正眼禅寺.jpg

右側に道祖神。
DSC_3556道祖神.jpg

しばらく歩き、このポイントで、右手の旧道に下りていきます。
DSC_3557旧道入口.jpg

ここから、石畳道が始まります。
DSC_3558石畳入口標識.jpg
DSC_3559箱根旧街道入口標識.jpg
DSC_3560石畳.jpg

「さるはし」を渡ります。
DSC_3566さるはし.jpg

右側に箱根観音。
DSC_3567箱根観音.jpg

次いで、県道に合流します。
DSC_3568県道合流点.jpg

しばらく県道を歩きます。それほど交通量は多くありません。葛原橋で葛原沢を、堀木橋で堀木沢を、相次いで渡ります。
DSC_3570葛原橋.jpg
DSC_3572堀木橋.jpg

右側に、箱根大天狗山神社別院天聖院の壮麗な門。
DSC_3575天聖院.jpg

箱根新道の須雲川インターチェンジ。
DSC_3580須雲川インター.jpg

二ノ戸橋で二之塔沢を渡ります。
DSC_3581二ノ戸橋.jpg

初花ノ瀑碑。
DSC_3583初花ノ瀑碑.jpg

左側に駒形神社。
DSC_3584駒形神社.jpg

左側に鎖雲禅寺。
DSC_3586鎖雲禅寺.jpg

左側に須雲川の公衆便所。ほんとうに、こういうトイレは助かります。
DSC_3587須雲川トイレ.jpg

左側に、須雲川自然探勝歩道入口。街道はこれには入らず、直進します。
DSC_3588須雲川自然探勝歩道入口.jpg

須雲川橋で須雲川を渡ります。
DSC_3589須雲川橋.jpg

右側に、箱根大天狗山神社の大鳥居。
DSC_3592大天狗山.jpg

女転し坂の案内板。
DSC_3593女転し坂.jpg

左側に稲荷大権現。
DSC_3595稲荷大権現.jpg

右側に、割石坂の案内板。ここから、須雲川自然探勝歩道に入ります。いよいよ本格的な旧道歩きです。
DSC_3597割石坂.jpg

道は石畳道です。石畳というのは、正直言って歩きやすいものではありません(往時としてはすばらしい整備だったんだろうと思いますが)。雨模様だったら滑りやすいでしょう。ここからは江戸時代の石畳、という標識があります。
DSC_3600江戸時代の石畳.jpg

これが江戸時代の石畳です。
DSC_3604江戸時代の石畳.jpg

江戸時代の石畳はすぐに終わってしまいます。
DSC_3607江戸時代の石畳終点.jpg

再び、江戸時代の石畳が始まります。
DSC_3610江戸時代の石畳.jpg

これもすぐ終わってしまいます。
DSC_3613江戸時代の石畳終点.jpg

接待茶屋の案内板。
DSC_3617接待茶屋.jpg

県道に合流します。右が上り方向です。
DSC_3618県道合流ポイント.jpg

すぐ、左手に旧道の入り口があります。
DSC_3620旧道入口.jpg
DSC_3621旧道.jpg

木の小橋を渡ります。
DSC_3622木の小橋.jpg

ここから、ところどころに名前を付けられた坂があります。本格的な山登りの始まりです。ここは大澤坂。
DSC_3624大澤坂.jpg

県道に合流します。左が上り方向です。
DSC_3629県道合流ポイント.jpg

左側に道祖神。
DSC_3630道祖神.jpg

右側に茶屋本陣跡。この辺りは間の宿、畑宿です。
DSC_3633茶屋本陣跡.jpg

右側に明治天皇碑。
DSC_3636明治天皇碑.jpg

右側に駒形神社。
DSC_3637駒形神社.jpg

畑宿の旧道入口。ここで左に入り、再び旧道歩きが始まります。
DSC_3638畑宿.jpg

これが旧道の入り口です。右手の階段を上がると、守源寺です。
DSC_3639旧東海道入口.jpg
DSC_3640守源寺.jpg

すぐ、一里塚跡があります。両塚とも復元されており、壮観です。
DSC_3645一里塚.jpg

県道をまたぐ橋を渡ります。空中東海道です。
DSC_3646空中東海道.jpg

西海子坂。
DSC_3649西海子坂.jpg

県道に合流します。合流したら、左が上り方向です。
DSC_3650k県道合流点.jpg

これより七曲りの標識が見えます。
DSC_3652これより七曲り.jpg

ヘアピンカーブを曲がると、左側に階段があるのでそれを登ります。
DSC_3653階段を上る.jpg

階段を登ったらまた県道に合流し、左の上り方向に進みます。
DSC_3654県道合流点.jpg

ヘアピンカーブのところで国道のガードをくぐります。
DSC_3655国道ガード.jpg

次のヘアピンカーブのところでまた国道のガードをくぐります。
DSC_3656国道ガード.jpg

さらにヘアピンカーブをひとつ曲がり、国道を今度は橋でまたいだ後、左側に旧道の入り口があります。橿木坂と書いてあります。あまりの厳しさに、どんぐりほどの涙を流すから、らしいです。涙は流れませんでしたが、どんぐりほどの汗が流れました。
DSC_3657橿木坂.jpg

登り切ると県道にタッチしますが、すぐまた左側に旧道の入り口があります。
DSC_3660県道にタッチ.jpg
DSC_3661箱根旧街道石畳標識.jpg

ここは木道を左折、見晴橋を渡ります。
DSC_3662左折ポイント.jpg

右頭上に見晴茶屋があります。しそのジュースが名物だそうですが、やっているのかどうかよくわかりません。
DSC_3664見晴茶屋.jpg

甘酒橋を渡ります。
DSC_3667甘酒橋.jpg

猿滑坂。猿でも簡単には登れない、ということですが、現在は階段です。それでもきついです。このあと横断歩道を渡るのですが、その先もきつい階段が続きます。
DSC_3668猿滑坂.jpg
DSC_3672急な階段.jpg

階段を上り切ったら、横断歩道を渡ります。
DSC_3673横断歩道.jpg

県道の向こう側にも、急な階段が続きます。
DSC_3674急な階段.jpg

さらに階段が続きます。さすがにへとへとです。
DSC_3675急な階段-2.jpg

県道に合流し、少し県道を歩きます。
DSC_3677県道を歩く.jpg

右側に旧道入口、追込坂。
DSC_3678追込坂.jpg

登り口左側に笈の平親鸞聖人石碑。
DSC_3679笈の平親鸞聖人石碑.jpg

県道沿いに進むと、正面に甘酒茶屋。甘酒と力餅が名物。
DSC_3683甘酒茶屋.jpg

街道は甘酒茶屋の裏側を進みます。
DSC_3687甘酒茶屋の裏側を歩く.jpg

於玉坂。
DSC_3689於玉坂.jpg

県道を横断します。
DSC_3691県道横断地点.jpg

横断した向こう側の旧道入口。
DSC_3692箱根旧街道入口.jpg

白水坂。
DSC_3693白水坂.jpg

天ヶ石坂。
DSC_3697天ヶ石坂.jpg

箱根馬子唄の碑。箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川。
DSC_3700箱根馬子唄の碑.jpg

小さな一般道を横断します。ここを右に入るとお玉観音です。
DSC_3703お玉観音分岐.jpg

権現坂。ここから芦ノ湖が見えるようになります。
DSC_3708権現坂.jpg
DSC_3709芦ノ湖.jpg

史跡箱根旧街道碑。
DSC_3710史蹟箱根旧街道碑.jpg

歩道橋を渡ります。
DSC_3711歩道橋を渡る.jpg

ケンペル・バーニー碑の前を進みます。
DSC_3714ケンペル・バーニー碑.jpg

ここで興福院を右に見て国道1号線に合流するはずでしたが、興福院が左に見えてしまいました。ちょっと間違えたかも。
DSC_3720興福院.jpg

国道1号線に合流します。街道は左に進みます。
DSC_3721国道合流点.jpg

箱根神社の大鳥居。
DSC_3723箱根神社大鳥居.jpg

左側に身代わり地蔵。
DSC_3724身代わり地蔵.jpg

左側に一里塚跡。ここが杉並木の入口です。
DSC_3726一里塚跡.jpg
DSC_3728旧東海道箱根杉並木碑.jpg

立派な杉並木。
DSC_3733杉並木.jpg

国道に合流します。
DSC_3742国道合流点.jpg

横断歩道で、湖側に渡ります。
DSC_3743国道横断地点.jpg

関所入口の案内に従って、右に入ります。
DSC_3744箱根関所入口.jpg

箱根関所が再現されています。ここが箱根宿のチェックポイントです。
DSC_3745箱根関所.jpg

11:30到着。区間距離16.5km、所要時間5時間15分、歩数27,371歩。平均時速3.1km、平均歩幅60cmでした。今日はここまで。昼食にしましょう。関所は、通り抜けるだけなら無料です(建物の中に入る場合は入場料がかかります)。

関所のすぐそば(京側)にそば屋があります。傳兵衛蕎麦です。ちょっと贅沢をして天ざるにしました。ちゃんと蕎麦湯も用意してくれます。おいしいそばです。
DSC_3746天ざる.jpg
DSC_3748蕎麦湯.jpg

小田原までバスで直行、東海道線に乗り換えて帰ってきました。
タグ: 街道歩き
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。