So-net無料ブログ作成

中山道 板鼻~安中 [街道歩き]

さて、板鼻宿から安中宿までの区間距離は3.3kmですが、安中宿のチェックポイントはJR安中駅をはるかに過ぎた、本陣跡になっています。本陣跡まで歩くと、かなりの距離を戻って安中駅まで行かなければなりません。今日は安中駅までにしましょう。時速や歩幅などに誤差が出ますが、次回補正することにします。10:17、再び歩き始めます。

本陣跡(公民館)の隣に、旧てうちん(提灯)屋があります。土蔵造りの商家です。
GNM_1439旧てうちん屋跡ロゴ入り.jpg

右手に板鼻堰用水路が流れています。慶長年間(江戸初期)の開削。
GNM_1441板鼻堰用水路ロゴ入り.jpg

宿場らしい佇まいの家。
DSC_0106板鼻宿.jpg

板鼻宿の京(西)口、鷹之巣橋の東詰に、鷹巣神社があります。
DSC_0107鷹之巣橋東.jpg
DSC_0108鷹巣神社.jpg
DSC_0110鷹巣神社.jpg

ここで左折し、鷹之巣橋を渡ります。渡る川は碓氷川です。
DSC_0112鷹之巣橋.jpg

鷹之巣橋をわたりきったらすぐ右折するのですが、街道としては「右折」というよりも「旧道復帰」です。つまりかつては橋の先に渡し場があったわけです。鷹之巣橋を渡り切って正面左側には諏訪神社があります。
DSC_0115諏訪神社.jpg

諏訪神社の前で横断歩道で国道を渡り、向こう側の道に入ります。
DSC_0116鷹之巣橋を渡って右折.jpg

すぐ、T字路に突き当たるので左折します。これで旧道復帰です。中宿の旧道です。
DSC_0117T字路を左折.jpg

旧道らしい家。
DSC_0119中宿旧道.jpg

左側に庚申塔道標。
DSC_0120庚申塔道標.jpg

Y字路を右にとります。又にある家もなかなかいい感じです。
DSC_0121Y字路を右.jpg

又に道標があります。
DSC_0122道標.jpg

正面に石垣が見え、道はそれに沿って左に曲がっていきます。ここが「二ツ橋」跡です。往時、中洲を経て二つの仮橋が、碓氷川にかかっていたということです。今は、もう少し先で、久芳橋で渡りますので、道なりに左に行きます。
DSC_0123石垣沿いに左折.jpg

右側に馬頭観音。
DSC_0124馬頭観音.jpg

この十字路、左側にカットハウスWanがあるところが、JR安中駅の最寄の場所です。今日はここまでにしましょう。
DSC_0125カットハウスWan.jpg
DSC_0126カットハウスWan.jpg

板鼻・安中のほぼ中間点なので、あまり意味はありませんが、次回補正する前提で、いちおう記録を見ておきましょう。区間距離は3.3km、所要時間28分、歩数2,692歩。平均時速7.1km、平均歩幅123cm(ありえない!)でした。

この日のまとめ。総距離16.7km、所要時間3時間35分、歩数21,448歩。平均時速4.7km、平均歩幅78cm。

さて、帰りましょう。安中駅。
DSC_0129安中駅.jpg

ここから高崎まで帰る信越本線は1時間に1本です。ゆったり待ちましょう。

高崎駅で昼食。この店で、特製峠の釜めし(普通のより小さい)の定食。
DSC_0131群馬の台所.jpg
DSC_0130峠の釜めし風神.jpg

高崎駅前から、車で帰りました。
DSC_0133高崎駅.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

中山道 高崎~板鼻 [街道歩き]

7:58、再び歩き始めます。田町。飲み屋さんの壁に、田町絹市場の案内板。
DSC_0026田町絹市場.jpg

信号本町三丁目で左折します。
DSC_0027本町三丁目.jpg

左折してすぐ、左側に蔵造りの商家があります。旧山源漆器店、元山田家です。
GNM_1422高崎蔵造りの商家山田家ロゴ入り.jpg

信号本町一丁目。国道はここで右折しますが、中山道は直進。道幅が狭くなります。赤坂通りという名前がついています。
DSC_0032本町1丁目.jpg
DSC_0033赤坂通り.jpg

右側に長松寺。
DSC_0034長松寺.jpg

左側に番所跡案内板。
DSC_0035番所跡看板.jpg

宮澤工芸。
DSC_0036宮澤工芸.jpg

岡醤油醸造。天明七年(1787年)創業の老舗。
GNM_1425高崎岡醤油醸造ロゴ入り.jpg

信号常磐町。右折ポイントです。曲がり角の右側に「山田文庫」があります。実業家で学者でもあった山田勝次郎が私邸を図書館として一般開放したそうです。文庫の建物そのものは門の中ですが、信号常磐町手前の右側にある事務所も煉瓦造りのいい感じの建物です。
DSC_0040常磐町.jpg
GNM_1426山田文庫の事務所.jpg

常磐町の家。
DSC_0041常磐町の家.jpg

左側に紋平稲荷神社。
DSC_0042紋平稲荷神社.jpg

右側に並榎町坂下公民館があります。左折ポイントです。
DSC_0043並榎町坂下公民館.jpg

まず、公民館の向かい側を左折します。
DSC_0044公民館前左折ポイント.jpg

そしてすぐ、原付・自転車・歩行者・豊岡方面の標識に従い、右側に入ります。
DSC_0045歩行者自転車標識.jpg

歩道はそのまま、君が代橋の歩道になります。烏川を渡ります。
DSC_0047君が代橋.jpg

渡り切ったら、左側に、下に下りる階段があります。この階段を下りて、地下道で国道18号線を反対側に渡ります。
DSC_0048君が代橋地下道入口.jpg
DSC_0049君が代橋地下道入口.jpg
DSC_0050君が代橋地下道入口.jpg

地下道を出た正面に萬日堂があります。ここに、「みかえり阿弥陀像」があるそうです。みかえり阿弥陀といえば、京都の「もみじの永観堂」にあるものです。僧・永観が念仏を唱えながら歩いていると、前を阿弥陀様が歩いており、振り向いて「永観遅し」とおっしゃったという、あの像です。
DSC_0051萬日堂.jpg

萬日堂の前は道なりに左に行き、T字路の萬治畳店の前で左折します。
DSC_0052萬治畳店左折ポイント.jpg

すぐ、国道に突き当たります。
DSC_0053国道合流ポイント.jpg

国道に突き当たって右に曲がると、国道はすぐY字に分かれます。左が18号線、右が406号線です。中山道は右です。
DSC_0054国道406号線分岐ポイント.jpg

右側に石神社。
DSC_0055石神社.jpg

信号下豊岡町西。このY字路は右です。左側を歩いていると。横断歩道がないので要注意です。
DSC_0056下豊岡町西.jpg

そのすぐ先のY字路を左に入ります。又に自然石の道標がありますが、道の反対側からは読めません。
DSC_0057信州道分れ.jpg
DSC_0058信州道分れ道標.jpg

すぐ脇に、読みやすい道標があります。
DSC_0059信州道分れ道標.jpg

隣に八坂神社。
DSC_0060八坂神社.jpg

豊岡の旧道が始まります。左手に若宮八幡宮。
DSC_0061若宮八幡宮.jpg

旧道らしい家。
DSC_0062豊岡の家.jpg

右手に常安寺。
DSC_0063常安寺.jpg

右手に神明宮。
DSC_0064神明宮.jpg

左側に庚申塔。
DSC_0065庚申塔.jpg

そして、左側に、飯野茶屋本陣跡があります。ここ、上豊岡は高崎・板鼻間の間の宿でした。皇女和宮も休息しました。
GNM_1428上豊岡の茶屋本陣ロゴ入り.jpg

右手に石塔石仏群。
DSC_0067石塔石仏群.jpg

左側に金ヶ崎不動尊。
DSC_0068金ヶ崎不動尊.jpg

旧道が国道18号線に合流する直前、右側に、上州櫓(やぐら)造りの旧家があります。養蚕用の小屋根があります。そういえば、群馬といえば養蚕ですね。
GNM_1430上豊岡上州櫓造りの商家ロゴ入り.jpg

国道18号線に合流します。
DSC_0070国道合流点.jpg

旧道は、右側のうねうねした側道です。
DSC_0071うねうね旧道.jpg

そのまま側道を歩きます。
DSC_0072旧道は側道.jpg
DSC_0073旧道は側道.jpg

国道に合流します。
DSC_0074国道合流地点.jpg

左側、つまり国道の反対側にひときわ目立つ榎が、藤塚の一里塚です。群馬県内に現存する唯一の一里塚です。
GNM_1433藤塚の一里塚ロゴ入り.jpg

その向かい側つまり右手、高いところに浅間神社があります。一里塚(北塚)の跡です。
DSC_0076浅間神社.jpg

右側に天照皇大神宮。
DSC_0077天照皇大神宮.jpg

右側に、だるま工房「大門屋」があります。
DSC_0079大門屋.jpg

右手に、上野国一社八幡宮の赤鳥居。
DSC_0081八幡宮.jpg

安中市に入ります。
DSC_0082安中市.jpg

右手に橋供養塔。
DSC_0083橋供養塔.jpg

信号板鼻下町。ここで右に入ります。板鼻宿の入口です。
DSC_0084板鼻下町.jpg

すぐ、Y字路を左です。
DSC_0085Y字路を左.jpg

分岐点に頌徳碑。
DSC_0086頌徳碑.jpg

そして道標。
DSC_0087道標.jpg

板鼻川橋で板鼻川を渡ります。
DSC_0088板鼻川橋.jpg

右手に石塔石仏群。双体道祖神があります。
DSC_0089石塔石仏群.jpg

その先にも石塔石仏群。中心はお地蔵様ですね。
DSC_0090石塔石仏群.jpg

信越本線の踏切を渡ります。
DSC_0091信越本線踏切.jpg

右側に榛名道道標。
DSC_0092榛名道道標.jpg

板鼻宿の核心部に入ってきました。板鼻館。タルタルソースカツ丼の名店ですが、まだ10時、さすがに早すぎるので、スルーです。
DSC_0095板鼻館.jpg

板鼻宿の交差点をすぎてすぐ、右側の公民館前に、本陣跡の碑と板鼻宿の碑があります。板鼻宿到着です。
DSC_0100板鼻宿本陣跡.jpg
DSC_0101板鼻宿碑.jpg

10:10到着。区間距離8.5km、所要時間2時間11分、歩数12,342歩。平均時速3.9km、平均歩幅69cmでした。
nice!(0)  コメント(0) 

中山道 倉賀野~高崎 [街道歩き]

9月9日、土曜日。前週に引き続いて秋晴れの中、中山道ウォークです。まず車で高崎まで行きます(倉賀野駅周辺には駐車場がありません)。ルートは圏央道経由。途中、海老名SAの吉野家で、焼魚定食の朝食。
DSC_0002吉野家.jpg
DSC_0001焼魚定食.jpg

そこから高崎線で一駅、出発点の倉賀野まで戻ります。倉賀野駅。
DSC_0004倉賀野駅.jpg

さあ、出立しましょう。信号倉賀野駅入口、7:00です。
DSC_0005倉賀野駅入口.jpg

歩き始めてすぐ、右側に須賀喜太郎脇本陣跡があります。
GNM_1421倉賀野須賀脇本陣跡ロゴ入り.jpg

そして左側に脇本陣跡碑。
DSC_0006脇本陣跡碑.jpg

右側に高札場跡。
DSC_0008高札場跡.jpg

前回歩いた部分も含めて、倉賀野宿は宿場町の香りが濃厚です。
DSC_0009倉賀野の家.jpg

左側に倉賀野神社。
DSC_0010倉賀野神社.jpg

右側に安楽寺。
DSC_0012安楽寺.jpg

左側に一里塚跡の案内板があります。
DSC_0013一里塚跡.jpg

信号上町西の先に、少し松並木があります。
DSC_0014松並木.jpg

左側に、だるま弁当で有名な高崎弁当「たかべん」。
DSC_0015たかべん.jpg

信号倉賀野西のあたり、右側に旧道の痕跡があるのですが、うっかりスルーしてしまいました。さらに歩き続けると、国道17号線の高架をくぐります。
DSC_0016国道17号線高架.jpg

さらに上越新幹線の高架をくぐります。
DSC_0017上越新幹線高架.jpg

右側に巨大な高崎アリーナ。
DSC_0018高崎アリーナ.jpg

上信鉄道の踏切を渡ります。
DSC_0019上信鉄道踏切.jpg

左側に愛宕神社。
DSC_0020愛宕神社.jpg

そして、信号あら町。高崎宿のチェックポイントです。7:55着。区間距離は4.9km、所要時間55分、歩数6,414歩。平均時速5.3km、平均歩幅76cmでした。
DSC_0022あら町.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

中山道 新町~倉賀野 [街道歩き]

新町までの予定でしたが、天気は最高、秋風が心地よい、というわけで、もう少し先に進むことにしました。12:11再スタート。

すぐ、左手に旅籠高瀬屋跡。
DSC_0073旅籠高瀬屋跡.jpg

温井川(ぬくいがわ)を弁天橋で渡りますが、その前、左側に弁財天があります。ここはかつて川中の島「弁天島」でした。
DSC_0074弁天島.jpg
DSC_0075弁財天.jpg

温井川を渡ります。
DSC_0076弁天橋.jpg

渡ると藤岡市に入ります。
DSC_0077藤岡市.jpg

川を渡ってすぐのY字路を右に取ります。
DSC_0078Y字路を右.jpg

分かれ道に旧中山道標識があります。
DSC_0079旧中山道標識.jpg

右手に伊勢島神社。
DSC_0080伊勢島神社.jpg

国指定有形文化財の川端家。江戸時代の豪農であり、明治に入ると生糸の貿易で財をなしたそうです。
GNM_1402川端家 ロゴ入り.jpg
GNM_1403川端家 ロゴ入り.jpg
GNM_1407川端家 ロゴ入り.jpg

その先に信仰庵。
DSC_0082信仰庵.jpg

関越道をくぐります。
DSC_0083関越道.jpg

くぐる直前に中山道道標。
DSC_0084中山道道標.jpg

関越道をくぐると、中島の旧道トレースです。このY字路を左に進みます。Y字路といいながら、左に直角に曲がる道もありますが、そちらに進んではいけません。
DSC_0085Y字路を左.jpg

用水路が中央にある道を進みます。旧道の雰囲気のある、いい感じの道になっています。
DSC_0086用水路が中央を通る旧道.jpg
GNM_1408立石旧道 ロゴ入り.jpg
DSC_0087用水路が中央を通る旧道.jpg

八木さんの地図には「県道の手前の電柱の所から土手上に上がる」とあります。県道の手前、電柱といえばこれですが・・・
DSC_0089踏み跡から土手道に上がる.jpg

道は・・・これ?!
DSC_0090踏み跡から土手道に上がる.jpg

土手上の道に上がります。
DSC_0091土手道.jpg

土手上の道を進み、わかりにくのですがここで土手からおります。中島の旧道入口です。
DSC_0094旧中島村入口.jpg

ここを左折します。
DSC_0095中島旧道.jpg

ここを右折します。右側に有坂様のお宅があるところです。
DSC_0096有坂宅右折.jpg
DSC_0097有坂宅右折.jpg

突き当りを右折します。
DSC_0099突き当り右折.jpg

旧中山道の標識があります。
DSC_0100旧中山道標識.jpg

土手に突き当たります。左折します。
DSC_0101土手に突き当たる.jpg

道が尽きてしまいました。道はありませんが、ここで土手上に上がります。
DSC_0102道がなくなる.jpg

これから渡る柳瀬橋が見えます。
DSC_0104柳瀬橋.jpg

ここで右折して、烏川を柳瀬橋で渡ります。
DSC_0105柳瀬橋.jpg
DSC_0106柳瀬歩道橋.jpg
DSC_0107烏川.jpg

渡り切ったら、再び高崎市になります。
DSC_0108高崎市.jpg

渡しの先の旧道に復帰するため、右折して土手道を進みます。
DSC_0109土手道を進む.jpg

管理施設「岩鼻樋管」の向かい側にある石段を下り、旧道に復帰します。
DSC_0111岩鼻樋管.jpg
DSC_0110岩鼻樋管.jpg
DSC_0113岩鼻樋管前の石段.jpg

旧道に復帰しました。
DSC_0114旧道復活.jpg

趣のある家があります。
DSC_0115旧道.jpg
DSC_0116旧道.jpg

左手に北向子育観音。
DSC_0117北向子育観世音.jpg

信号岩鼻町は直進です。
DSC_0118岩鼻町.jpg

まもなく旧道分岐です。左側に「八栄鮨」があるのが目印で、ここを左に入ります。
DSC_0120分岐点の八栄鮨.jpg
DSC_0119旧道分岐.jpg

すぐ県道に合流します。
DSC_0121県道合流点.jpg

信号新柳瀬橋北を過ぎると、高崎線を渡る跨線橋にかかります。困ったことに左側には歩道がなく、しかもそれが事前にはわかりません。柳瀬橋北で反対側に渡っておくのがおすすめです(ぼくは知らなかったのでそのまま左側を進みました)。
DSC_0122高崎線を渡る.jpg

どこかの会社の入口にあった牛。結構なインパクト。
DSC_0123牛.jpg

関東ロックウールのところで旧道が左手に分かれます。
DSC_0124旧道入口.jpg

すぐのY字路を右。
DSC_0125Y字路を右.jpg

次のY字路も右。
DSC_0126Y字路を右.jpg

右側、理容タカハシの手前に馬頭観音。
DSC_0127馬頭観音.jpg

理容タカハシのところで県道に合流します。
DSC_0129県道合流点.jpg

信号下町直進。いよいよ倉賀野宿に入ります。
DSC_0130下町.jpg

左側に黒塀に門構えの旧家があります。
GNM_1414倉賀野 黒塀の旧家 ロゴ入り.jpg

並びに卯建をあげた旧家。
GNM_1413倉賀野 卯建の旧家 ロゴ入り.jpg

和菓子の丁子堂。
DSC_0136丁子堂.jpg

DSC_0137倉賀野古商家おもてなし館.jpg

左側に、中山道倉賀野宿碑と双体道祖神。
DSC_0138中山道倉賀野宿碑.jpg
DSC_0139双体道祖神.jpg

駐車場に本陣跡碑。
DSC_0140本陣跡.jpg

そしてDSC_0142倉賀野駅入口.jpg信号倉賀野駅入口、到着です。ちょうど14:00。

そこに御伝馬人馬継立場跡の碑があります。
DSC_0144御伝馬人馬継立場跡.jpg

新町からの区間距離は7.9km。所要1時間49分、歩数9,790歩。平均時速4.3km、平均歩幅81cmでした。平均時速が遅いのは、倉賀野宿に入ってから旧家の撮影に時間を要したからです。

今日はここまで。総距離16.9km、所要時間3時間40分、歩数21,578歩。平均時速4.6km、平均歩幅78cmでした。

倉賀野駅まで約400m。駅はこれです。「自由通路」から駅に入ります。
DSC_0145倉賀野駅.jpg
DSC_0146倉賀野駅.jpg

さて、昼食です。倉賀野駅の周りには何もありそうにありません。一駅先が高崎です。高崎まで行きましょう。

高崎でも、あまりゆっくりしていると帰りが遅くなります。結局、駅そばになりました。
DSC_0149八起家.jpg
DSC_0147月見そば.jpg

では、帰りましょう。横浜までは長い旅です。
DSC_0150高崎.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

中山道 本庄~新町 [街道歩き]

9月2日、土曜日。雨予報となっていましたが、昼からは晴れる、ということで、遅い出発で街道歩きに出かけました。

遅い出発のときは電車に限ります。7:59横浜駅発の上野東京ライン、高崎行きで、本庄まで。
DSC_0002本庄駅.jpg

本庄宿のチェックポイント、信号本庄駅入口を10:18に出立しました。風は完全に秋、青空も見られます。暑さは全く感じません。遅い出発なので、とりあえず次の新町宿までの予定です。
DSC_0003本庄駅入口.jpg

歩き始めてすぐ、右側にある「戸谷八」は、創業永禄三年とあります。西暦1560年。
DSC_0004創業永禄三年 戸谷八.jpg

中山道辛味処、電気館カレー。
DSC_0005電気館カレー.jpg

左側にある赤レンガの建物。お隣、深谷が煉瓦の産地であり、この深谷煉瓦を使用した、旧本庄商業銀行煉瓦倉庫です。
STM_1400本庄煉瓦倉庫 ロゴ入り.jpg
STM_1399本庄煉瓦倉庫の道 ロゴ入り.jpg

右手に安養院。
DSC_0008安養院.jpg

街道筋には、いい感じの建物が見られます。
DSC_0009本庄.jpg
DSC_0010本庄.jpg

右側に現れる金鑚神社。大切な右折チェックポイントです。
DSC_0011金鑚神社.jpg

金鑚神社の向こう側、信号千代田三丁目で右折です。
DSC_0013千代田三丁目.jpg

右折すると、歩道(左側)に、中山道の宿場名が埋め込まれています。日本橋から草津まであります。
DSC_0014歩道の埋め込み.jpg

宿場名の埋め込みが尽きたところ、歩道橋の手前を左折します。
DSC_0015左折ポイント.jpg

旧道の様子。
DSC_0016小島旧道.jpg
DSC_0017小島旧道.jpg
DSC_0018小島旧道.jpg

まもなく旧道は県道に合流します。
DSC_0019県道合流点.jpg

県道沿いではありますが、趣のある家が見られます。
DSC_0020民家.jpg
DSC_0021民家.jpg
DSC_0023民家.jpg
DSC_0024民家.jpg

上里町に入ります。
DSC_0025上里町.jpg

左手に浅間神社。古墳の上に祀られているそうです。
DSC_0028浅間神社.jpg

御陣場川を楠森橋で渡ります。
DSC_0030楠森橋.jpg

道の両側に庚申塔があります。これが左側の庚申塔。
DSC_0032左側の庚申塔.jpg

右側の庚申塔。
DSC_0033右側の庚申塔.jpg

蔵。
DSC_0034蔵.jpg

信号神保原1丁目。T字路を右折します。
DSC_0035神保原1丁目.jpg

信号神保原(北)で国道17号線を横断し、向かい側の斜め左方向に道に入ります。
DSC_0037神保原(北).jpg

左側に、石塔石仏群に囲われた薬師堂があります。
DSC_0038石塔群.jpg
DSC_0039薬師堂.jpg

右手に金久保八幡神社。
DSC_0040金久保八幡神社.jpg

左手にある、金窪城址案内板。
DSC_0042金窪城址標識.jpg

右手にある、三国道入口の標石。新町宿への直路ができるまでは、ここで曲がって、倉賀野宿に向かっていたそうです。
DSC_0044三国道入口.jpg

左手に陽雲寺。
DSC_0045陽雲寺.jpg

右手にある畑時能首塚。新田義貞の家臣です。
DSC_0046畑時能首塚.jpg

左手にある中山道解説板。
DSC_0048中山道解説.jpg

右手にある慰霊の碑。
DSC_0050慰霊の碑.jpg

右手に石塔石仏群。
DSC_0051石塔石仏群.jpg

その先に一里塚跡。お堂の脇にあります。
DSC_0052一里塚跡.jpg

街道が国道に合流する直前にある、趣のある塀。
DSC_0053塀.jpg

信号勅使河原(北)で国道17号線に合流します。
DSC_0054勅使河原北.jpg

神流川(かんながわ)を神流川橋で渡ります。
DSC_0056神流川.jpg
DSC_0057神流川.jpg

神流川を渡ると群馬県、上野国です。
DSC_0059高崎市.jpg

神流川古戦場跡碑。
DSC_0062神流川古戦場跡.jpg

街道はここで国道から右手に分かれます。新町宿に入っていきます。
DSC_0064Y字路を右.jpg

Y字路の又に復元された見透燈籠。
DSC_0065復元見透燈籠.jpg

右手に八坂神社。
DSC_0066八坂神社.jpg

右手に諏訪神社。
DSC_0067諏訪神社.jpg

右手に専福寺。
DSC_0068専福寺.jpg

右手に浄泉寺。
DSC_0069浄泉寺.jpg

右手に高札場跡。
DSC_0071高札場跡.jpg

そして新町宿のチェックポイント、信号新町駅入口です。12:09着。
DSC_0072新町駅入口.jpg

本庄宿からの区間距離は9.0km。所要1時間51分、歩数11,788歩。平均時速4.9km、平均歩幅76cmでした。
nice!(0)  コメント(0)