So-net無料ブログ作成

ゴールデンウィークの北海道 後半 [旅]

翌29日。この日は塘路ネイチャーセンターの「タンチョウエコツアー」に参加します。塘路までも結構遠い(2時間近くかかります)。まずは朝食。やっぱり、「こまごまとしたおかず」を食べます。牛乳も欠かせません。
DSC_0019ニュー阿寒ホテル朝食.jpg

塘路ネイチャーセンターの「タンチョウエコツアー」は、標茶から鶴居にかけて、タンチョウを探して移動します。お世話になるのが3度目の「マサさん」にガイドいただきます。

今回は、ネイチャーセンターのすぐそばで、抱卵しているタンチョウを見ることができました(
写真にするとよくわからない・・・)。
HKD_2996タンチョウの抱卵.jpg

ゴールデンウィークは、タンチョウの抱卵期なので、探すのは大変です。でもマサさんはさすがです。いろいろな姿を見せてくれました。
HKD_3082タンチョウの飛翔.jpg

タンチョウの成果はHPでどうぞ。
http://www.zf.em-net.ne.jp/~cranes/

ニュー阿寒ホテルのディナーは、できるだけ遅く食べればゆっくりできる、ということがわかりました。しかし、ここはレストランが狭すぎますね。従業員は一生懸命で好感が持てるのですが、残念です。
DSC_0020天ぷら.jpg

今日のお酒は「福司 まりもの雫」。
DSC_0021まりもの雫.jpg

翌30日、帰ります。朝食は一番遅い「9:30」にしたら、ゆっくり食べられました。
DSC_0022ニュー阿寒ホテル朝食.jpg

釧路空港でランチにビールとザンギを楽しみました(写真忘れた)。娘は普段の10倍以上動いたでしょう。息子もインドア派なので、かなりの運動量だったはずです。
タグ:
nice!(0)  コメント(0) 

ゴールデンウィークの北海道 前半 [旅]

ゴールデンウィーク、10連休。前半は北海道に行きました。家にこもっている娘を連れだすのが主目的。家内は留守番(骨休め)。息子を加え、親子三人旅です。

4月27日、昼の釧路便。釧路は雪がちらついています。レンタカー(これも予約できる会社・車種が限られていて大変だった)で一路、ウトロへ。ウトロは本格的に雪です。

今回は全3泊ですが、食べるものが限られる娘のために、全朝・夕食ともビュッフェにしました。一泊目はウトロの知床第一ホテル。大型の温泉ホテルです。

夕食ビュッフェは大きなレストランで提供されますが、すごい人。「17:45と19:30とどちらかの回で」と言われ、19:30を選びましたが、人が多すぎて料理を取るのもままなりません。刺身と寿司をメインに。まあ、和洋中と揃っているので、娘にはよかったようです。

翌28日はアクティビティ。9:30出航の、知床岬まで行くネイチャークルーズ(ゴジラ岩観光さん)です。

まずは朝食。朝食もすごい人。ぼくはいつものように「こまごまとしたご飯のおかず」を食べます。
DSC_0016知床第一ホテル朝食.jpg

生き物としてはヒグマとケイマフリが目玉。ケイマフリは見られましたが、写真は失敗。ヒグマはカムイワッカとルシャ湾で、計4頭(うち1頭は子供)見られました。
HKD_2508ヒグマ.jpg
HKD_2789ヒグマ.jpg

知床岬まで到達すると、国後がきれいに見えました。
HKD_2956国後.jpg

ヒグマの写真は、HPにも掲載しました。
http://nepalianimals.web.fc2.com/

船を降りると昼過ぎです。ウトロは、道東でも屈指の観光地、人が多いので早々に退散。しかし、斜里まで出るともうランチタイムを過ぎていたりして、店を見つけられませんでした。セイコーマートで軽食を買ってランチとし、この日の宿泊地・阿寒湖畔に向かいました。

阿寒湖畔のニュー阿寒ホテルには2泊します。ここも大型温泉ホテルです。昨日を上回るすごい人です。夕食は、取るのがやっと・・・
DSC_0017ニュー阿寒ホテル夕食.jpg

写真を撮るのを忘れましたが、「ひとりジンギスカン」がありました。そうそう、落ち着かないディナーですが、せめてお酒を楽しみましょう。釧路の地酒「北の勝」です(昨日は釧路の地酒「福司」でした)。
DSC_0018北の勝.jpg
タグ:動物
nice!(1)  コメント(0) 

釧路のツル-2 [旅]

翌2月10日。ホテルの朝食が6時半からなので、一番に行きました。このホテルの朝食は、塩辛やたらこ、にしんの切込みなどのご飯のおかずが豊富で、大好きなのです。
DSC_0008朝食.jpg

寒いので塒(音羽橋)に遅くまでタンチョウが残っていると踏んで行ったのですが、タンチョウの声は響いていましたが、姿は湯気の奥で見えませんでした。
DSC_3334雪裡川.jpg

午前中は鶴居・伊藤サンクチュアリで撮影。
KSR_8500タンチョウの着地.JPG

成果はHPで。
  http://www.zf.em-net.ne.jp/~cranes/

午後は丹頂の里で撮影することにして、昼前に移動。ランチは湿原展望台で、カレー。
DSC_3336釧路湿原展望台.jpg
DSC_0009釧路湿原展望台のカレーライス.jpg

ツル以外の成果もあったので、鳥のHPもご覧ください。
 http://nepali.html.xdomain.jp/

あまりに寒いので、早めに空港に帰りました。夕食はいつもの通り、空港の「北斗」で。釧路らしく醤油ラーメン。
DSC_0012北斗.jpg
DSC_0011北斗の醤油ラーメン.jpg

帰りはけっこう空席がありました。しかも早く羽田に着き、ラッキーでした。
タグ:
nice!(1)  コメント(0) 

釧路のツル-1 [旅]

2月9日~10日、恒例のツル見旅に行ってきました。

9日早朝、ANAラウンジ。
DSC_3323ANAラウンジ.JPG

朝食は万カツサンド。
DSC_3325万カツサンド.JPG
DSC_3326万カツサンド.JPG

羽田は生憎の雪。しかも結構な雪。飛行機は結構にこそなりませんでしたが、1時間半遅れの出発になりました(2便目は欠航になったそうです)。

着いてまず、阿寒国際ツルセンター(丹頂の里)へ。
DSC_3327阿寒国際ツルセンター.jpg

皇太子様の歌碑もあります。
DSC_3328皇太子殿下歌碑.jpg

さて、出発が遅れたので、観察センターに着いたときはもう、ランチタイムでした。まずランチにしましょう。観察センターの食事コーナーで、いつものラーメン。今回は塩ラーメンです。
DSC_0006塩ラーメン.JPG

窓の外にタンチョウ。この子は慣れてしまったようで、翌日には仕切りを超えて、観察エリア(撮影エリア)に入り込んでしまいました。
DSC_0005窓の外のタンチョウ.JPG

さあ、観察を始めましょう。まず目を引いたのはオジロワシ。
KSR_7266オジロワシ.JPG

ツルの成果はHPを見て頂きたいのですが、
 http://www.zf.em-net.ne.jp/~cranes/

ここにも1枚だけ載せておきます。
KSR_7354タンチョウの着地.JPG

今、阿寒国際ツルセンターは、2時の給餌をやっていません。給餌は朝8時半1回だけになっています。この日は2時前には、給餌場にタンチョウが1羽もいなくなってしまいました(ビオトープ側にはいましたが)。というわけで撤収。

宿泊はいつものANAクラウンプラザ釧路です。
DSC_3329ANAホテル.jpg

夕食はいつものくしろ都寿司。おひょうの刺身がおいしかった。たちぽん(白子)も。
DSC_0007くしろ都寿司.jpg
タグ:
nice!(1)  コメント(0) 

ヒューストンへ、そして帰国 [旅]

1月1日。元日。さあ、ヒューストンまで帰りましょう。

ホテルの朝食。
DSC_0084朝食.JPG

7時45分スタート。燃費走りをしたのですが、ヒューストンまでたどり着く前に、燃料警告ランプがついてしまいました。しかも「あと40マイル」と表示されています(40マイルしか走れない)。しかたなく、最寄りのガソリンスタンドに寄って「ガソリン入れたことないからやり方教えてくれ」と頼んで教えてもらいました。「日本ではまだフルサービスがいっぱいあるから、入れたことない」と言ったら、教えてくれたお姉さん曰く「メキシコもそうだ」。お姉さんメキシコ出身でした。懇切丁寧に教えてくれました。無事ガソリンも入れ、お姉さんと Adios! と別れ、空港のレンタカー返却所へ。11時半到着。
DSC_0086マイル.JPG

ところがこんどは返し方がわからない。返す場所はがらんとしてほぼ無人。係員を探して、「どうやって返すの?」と聞くと、「キーを車に残しておけばそれで終わり」。なんか、アメリカって、すべてがこの調子。「去る者は追わず」的。クレジットカードで担保が取れている、ということなんだろうが。

今日の宿は空港のマリオットホテル。レンタカーセンターからシャトルバスでターミナルへ行き、そこから subway と呼ばれる無料のトラムでホテルへ。まだ昼ですが問題なくチェックインできました。
DSC_0089ホテル.JPG

このホテルの飲食施設はロビーのバーのみ。でもちゃんとした食事が出ます。ランチはバーガー。
DSC_0092バー.JPG
DSC_0093バーガー.JPG

午後はやはりホテルの部屋でうだうだ。部屋から見た景色・・・空港ターミナルです。
DSC_0094ホテル.JPG

夕食もバーで。カリフォルニアワインとチキンウイング。
DSC_0095カリフォルニアワイン.JPG
DSC_0096チキンウィング.JPG

翌2日、帰国します。まずはチェックアウト・・・特に手続きなし。鍵を返しておわり。アメリカ方式。

帰りはビジネスクラス(特典です。行きはビジネスが満席で取れなかった)。チェックインして、ラウンジへ。ラウンジはUAの、新しい、ユナイテッドポラリスラウンジでs。ゆったりしています。
DSC_0097UAラウンジ.JPG
DSC_0099UAラウンジ.JPG

ラウンジで朝食。クロワッサンが、何かを挟む前提でカットされていました。これも文化?
DSC_0098ラウンジ朝食.JPG
DSC_0100クロワッサン.JPG

ビジネスクラスはスタッガードシート(互い違いの配置で、ほぼ個室状態)。もちろんフルフラットで、楽です。
DSC_0106ビジネスクラス.JPG
DSC_0107ビジネスクラス.JPG

ウエルカムドリンク。シャンパン。
DSC_0105ウエルカムシャンパン.JPG

空港風景。
DSC_0109ヒューストン.JPG

機内食。食前酒。シャンパン。
DSC_0112シャンパン.JPG

オードブル。
DSC_0113オードブル.JPG

食事は和食を選びました。前菜、小鉢、お造り。
DSC_0119夕食.JPG

メインはトラウト粕漬焼き。
DSC_0122夕食.JPG

食後酒。コニャック。
DSC_0124コニャック.JPG

飛行機の上から見ると、下界の気候の変化がよくわかります。雲のあるエリアと乾燥地帯の境目。
DSC_0115雲と晴れの境.JPG

よく眠れました。おはようございます。・・・朝食。洋食を選びました。マッシュルーム、トリュフ、チキンのペンネ。
DSC_0125機内食.JPG

コーヒー。
DSC_0127コーヒー.JPG

1月3日、無事帰国。富士山が出迎えてくれました。
DSC_0128富士山.JPG
タグ:
nice!(0)  コメント(0) 

アメリカシロヅル-2 [旅]

12月31日。起きたら雨が降っていました。予報は「晴れ」。まあ止むでしょう。まずは朝食から。
DSC_0075朝食.JPG

今日のSkimmerは満員。昨日といい今日といい、実はぼくは注目の的でした。昨日は他にもアジア系が2人いましたが今日はぼくだけ。あとは全員アメリカの白人です。そしてニコンD500に200-500mmを付けているので、注目を浴びたのでしょう。いろんな人が話しかけてきます(もちろん英語の手加減なんてしてくれません)。けっこう疲れます。途中晴れ間ものぞいて、昨日よりいい条件で撮影ができました。

http://www.zf.em-net.ne.jp/~cranes/
http://nepali.html.xdomain.jp/

USA_5986アメリカシロヅル.JPG
USA_6543ハジロオオシギの争い.JPG

今日はイルカ(ハンドウイルカ)も撮れました。

http://nepalianimals.web.fc2.com/index.html

USA_7227ハンドウイルカ.JPG

今日のツアーは9時半から1時まで。時差のせいもあって胃腸が重いのでランチは抜き。午後のアクティビティも何もなし・・・レンタカーの写真ぐらいのせておきましょうか。
DSC_0077rentaka-.JPG

ディナー。今日も Charlotte Plummers' で4時から。やっぱりカリフォルニアワイン。
DSC_0080カリフォルニアワイン.JPG

今日もガンボスープ。これは、昨日もそうでしたが、単独で頼んだのではなく、メインコースについてくるのです(サラダかガンボか選べる)。
DSC_0081gumbo.JPG

ランチを抜いてさすがにお腹がすいたので、今日はアピタイザーも頼みました。カラマリのフライ。でも・・・予想の3倍ぐらいの量がありました。
DSC_0082カラマリ.JPG

メインはチャーグリルドシュリンプ。どれもおいしいのですが(以下略)。
DSC_0083chargrilled shrimp.JPG

これですべてのアクティビティは終了。明日はまたがんばって運転してヒューストンまで帰ります。
タグ:
nice!(0)  コメント(0) 

アメリカシロヅル-1 [旅]

翌12月30日。この日とその次の日の朝、アメリカシロヅルを見に行くツアー(船)をよやくしてあります。Rockport Whooping Crane and Costal Birding Tours です。船が出る Fulton Harbor はホテルのすぐ前。絶好のロケーションです。

まずはホテルの朝食から。朝食はコンチネンタル。ロビーに用意してあって、勝手に食べます。あるのは、コーヒー・紅茶に、ジュース類、シリアル、パンです。簡素ですが充分。
DSC_0062ホテル朝食.JPG
DSC_0063ホテル朝食.JPG
DSC_0064ホテル朝食.JPG

さあ、船に乗りましょう。まずはツアーオフィスで乗船手続き・・・といっても、名前を言って「ボーディングパス」という名のもとの、A5ぐらいの大きさのパウチされた紙(番号が書いてある)を受け取るだけ。
DSC_3201ツアーオフィス.JPG

乗るのはこの船、Tommy船長の、Skimmerです。定員は・・・30人ぐらいでしょうか。もう少しあるかな?
DSC_3193Skimmer.JPG

Tommy船長の案内はすばらしく、アメリカシロヅルはもちろん、他にも多くの野鳥と出会うことができました。惜しむらくは天気がいまひとつ。雨こそ降らなかったもののずっと曇っていて、ものすごく寒かった(気温は東京より高いはず)。

ツルと鳥の成果はHPをご覧ください。ここには少しだけ載せておきます。
http://www.zf.em-net.ne.jp/~cranes/
http://nepali.html.xdomain.jp/

USA_3203カッショクペリカン.JPG
USA_3721アメリカシロヅル.JPG

ツアーは8時出発で、「3時間半」となっていましたが、11時には帰着しました。フルトンを散歩がてら、昼食を取りに出かけました。
DSC_3206fulton.JPG

ランチはサブウエイで。
DSC_0066fulton.JPG
DSC_0068subway.JPG
DSC_0067subway.JPG

午後は・・・何もしません。やはり時差でつらい。寝てました。そして今日も4時から Charlotte Plummers' でディナー。今日もカリフォルニアワイン。
DSC_0071カリフォルニアワイン.JPG

ガンボスープ。スパイシーで絶品。
DSC_0070gmbo.JPG

海老の串焼き。ベーコンとともに。おいしいんだけど多すぎる・・・
DSC_0073エビ.JPG

明日も午前中がツルのツアー。そして明日は大みそかです。大みそかのレストランは予約必須だったりするので、聞いてみると、普通の営業だというので、安心しました。
タグ:
nice!(0)  コメント(0) 

テキサスへ [旅]

年末年始、アメリカ・テキサスへ行ってきました。目的は、世界的希少種、ツルの中で最も絶滅の危機に瀕している、アメリカシロヅルの撮影です。ヒューストンへの特典航空券を確保、やったことのないアメリカでのドライブのためにレンタカーを予約、いざ、アメリカへ出発です。

12月29日、仕事納めの翌日、出発です。朝10:50の飛行機なので、早朝にスタート。自宅からYCATまでタクシーで。YCATから成田空港からバスで。渋滞等のトラブルに備えてのスケジューリングなので、着いたらたっぷり時間があります。ANAラウンジでゆっくりしましょう。
DSC_0047ANAラウンジ.JPG

さっそく朝食をいただきましょう。ANAラウンジで朝食といえばそば。ヌードルバーはなぜか端の、隅っこにあります。
DSC_0049ヌードルバー.JPG

これが朝食。かきあげそばと、寿司。
DSC_0050朝食.JPG

ラウンジは比較的空いていました。前回のANAラウンジ、羽田はすごい混雑だったのと大違いです。
DSC_0052ANAラウンジ.JPG

特典エコノミーですが、プレミアムエコノミーにアップグレードしてくれました。
DSC_0055プレミアムエコノミー.JPG

機内食(ランチ)。牛すきやき丼。
DSC_0056機内食.JPG

隣は空席ではありませんでしたが、プレミアムエコノミーだったので、ずいぶん広々とくつろげました。途中、軽食(ラーメンなど)を頼むこともできたのですが、睡眠を優先しました。

これは到着前に出された朝食。イングリッシュマフィンとオムレツ。
DSC_0057機内朝食.JPG

ヒューストンには朝7時過ぎの到着ですが(時差があるので、到着は出発と同じ29日です)、まだ薄暗い状態でした。入国審査。まず機械に必要事項を打ち込み、顔写真を撮り、両手の指紋(4指と親指、つまり計4回)を登録します。それが終わったらその機械からレシートが出てくるので、それを持って入国審査カウンターに行きます。ところがそこで、もう一度指紋採取と写真撮影をされました。たぶん機械でちゃんと取れていなかったのでしょうが、なんか無駄な感じです。しかもカウンターでの指紋採取「もっと強くプッシュしろ(画面に指を強く押し付けろ)」と何度も言われました。どうもうまくいかないようです。さらに、「どこに行くのか」と聞かれ、「Fulton」と答えると、「カリフォルニアのか?」と言われました。「違う、ロックポートだ、アメリカシロヅルを見に行くんだ」と言ってもわかってもらえず。「コーパスクリスティの近くだ」と言うとやっとわかってもらえました。

さて、レンタカーを借りにいきましょう。レンタカーセンターへはシャトルバスがあるはずなのですが、バス乗り場がわからない。それらしい場所で待っていると、少し離れたところに、レンタカーシャトルらしいバスが停まったので、そこで運転手に聞いて確認。わかりにくい。

ハーツのカウンターで手続き。日本で予約したのはハイブリッドカー。ところが、手続きを終えて言われたのは「ゾーン〇に行け」。そこに行くと車がいくつか並んでいる。そのへんにいる係員のお姉ちゃんに聞くと、「そこにある車から適当に選らべ」と言われる。え~?そんなシステムなの?そもそも、ゾーンは車のサイズごとにしか分かれていなくて、どれがハイブリッドかわからない。ぼくは日本でもガソリンを入れたことがないので、ガソリンを入れなくてすむハイブリッド(できればプリウス)を選びたかったのだが。結局お姉ちゃんの手を借りて、いちばん航続距離の長そうな車を選び取りました(日産ノート。プリウスはなかった)。お姉ちゃんはとっても親切で、チップを期待するふうは全くなかったが、チップを渡してしまいました。

さあ、出発。出発できたのは9:15頃。目的地はヒューストンから、海岸沿いに西へ。運転自体は全く問題なし。日本と違って(交通量はそれなりに多かったはずだが)順調に走って、約200マイル、12:30頃に宿泊先の The Inn at Fulton Harborに到着。
DSC_0085マイル.JPG

The Inn at Fulton Harbor はネットで予約していました。ところがフロントで様子が変。どうやら予約情報が入っていなかったようです。でも結果的には問題なく、2階のツインルームをもらえました。フロントスタッフは滞在中を通じてとっても親切でした。部屋もきれいで、なんの問題もない滞在でした。
DSC_3202the inn at fulton harbor.JPG
DSC_3204the inn at fulton harbor.JPG
DSC_3192ホテルの部屋.JPG

夕食はホテルの前のシーフードレストラン Charlotte Plummers' で。ネットの口コミでは「混雑」「サービスが遅い」などがあったので、いつもにも増して早い夕食にしました(ちなみにこの日はランチ抜き)。4時に夕食。これが滞在中の毎日のスケジュールになりました。
DSC_3219charlotte plummers.JPG

滞在中ビールは飲まず。これはカリフォルニアワイン。
DSC_0059カリフォルニアワイン.JPG

アピタイザーとして頼んだシュリンプカクテル。
DSC_0060シュリンプカクテル.JPG

メインのCharlotte Burger。ベーコン入りでおいしい・・・が多い・・・。
DSC_0061バーガー.JPG

さて、明日はいよいよツル。寝ましょう。
タグ:
nice!(0)  コメント(0) 

鹿児島の旅-2 [旅]

さて、二日目です。朝はツルの出勤時間。ねぐらから餌場まで飛びますので、撮影のゴールデンタイムです。
IZM_9884マナヅル 飛翔.jpg
IZM_0087マナヅル 飛翔.jpg
IZM_0131マナヅル 飛翔.jpg
IZM_0460ナベヅル 飛翔.jpg
IZM_0530ナベヅル家族 飛翔.jpg

さて、ここにあるツル見食堂・売店。以前は屋上をツル観察者のために無料開放していたのですが、屋上に上がる階段が登れなくなっていました。
DSC_0035つる見食堂.JPG
DSC_0036つる見食堂.JPG

ここでちょっと一休み。薩摩藩は、武士が全員城内に住んでいるのではなく、普段は城外にまとまって住んで農業等を営み、いざというとき(戦時)は武器を取る、という「外城制」が敷かれていました。この「外城」(とじょう)が、武家屋敷として、今に残されています。これは鹿児島のあちこちにあります(一部宮崎県にも)。出水や知覧が有名ですが、ツル観察センターから一番近いのが高尾野の外城跡。というわけで、ちょっと見にいきました。
IZM_2382高尾野麓.jpg

IZM_1131ナベヅルの家族 飛翔.JPG
IZM_0944マナヅル 飛翔.jpg
IZM_1836マナヅル 飛翔.JPG

さて、日が陰って寒くなってきました。この辺で切り上げて、移動することにしました。
ツルの写真はHP参照。
http://www.zf.em-net.ne.jp/~cranes/

一路、南へ。知覧へ。

知覧は鹿児島でも最も有名な外城跡(武家屋敷群)が残っています。出水から2時間半以上かかりますが。
IZM_2476知覧武家屋敷群.JPG

ここまで来てしまうと、もう一度出水に帰るのは無理。というわけで、鹿児島に残る歴史的建造物(というか駅)に寄りながら帰ることにしました。まずは大隅横川駅。
IZM_2506大隅横川駅.JPG

次いで嘉例川駅。
IZM_2522嘉例川駅.JPG

鹿児島空港(山形屋)でとんこつラーメンを食べて帰ってきました。
DSC_0039とんこつラーメン.JPG
タグ:
nice!(0)  コメント(0) 

鹿児島の旅-1 [旅]

11月23日~24日、三連休の前二日、恒例の鹿児島に行ってきました。最近の出水は鳥インフルエンザ対策のため、ツルに近づきにくくなっていて、写真が撮りにくいのですが・・・

早朝の羽田空港。ANAラウンジ。
DSC_0026ANAラウンジ.JPG

朝食は、ANA FESTAのおにぎりが長蛇の列だったので、万かつサンドを買ってラウンジで食べました。
DSC_0027万かつサンド.JPG
DSC_0028万かつサンド.JPG

鹿児島空港のニッポンレンタカー。去年は送迎車から降りて、早い者勝ちで窓口に並んで受付でした。今年は送迎車に乗り込んだ順に番号札を配っていたので去年よりはましかもしれませんが、送迎者に乗るのに列を作っていたわけではないので、公平にするためにはやはり、案内所で番号札を配るシステムにするべきと思います(釧路空港支店はそうなっています)。

鹿児島空港から出水ツル観察センターまでは約2時間かかります。昼食は、コンビニで唐揚弁当を買って、観察センターの駐車場にある休憩所(野外、屋根あり)で食べましたが、風が強くて閉口しました。

観察センターの前は近づけないし、東干拓のほう(クロヅルやカナダヅルがだいたいこっちにいる)も近くにツルは寄ってきませんでした。そこで今回は、飛翔写真に的を絞りました。
IZM_9110ナベヅル 飛翔.jpg
IZM_9303マナヅルの家族 飛翔 A4.jpg
IZM_9505マナヅル 飛翔.jpg
IZM_9649ナベヅルの家族 飛翔.jpg
IZM_9884マナヅル 飛翔.jpg

ツルの写真はHPをどうぞ。
http://www.zf.em-net.ne.jp/~cranes/

ホテルに帰る前に、出水の武家屋敷群の写真を撮りに行きました。
IZM_2357出水麓 武家門.jpg
IZM_2362出水麓.jpg

夕食は宿泊先であるホテルウイングインターナショナルのレストラン「ゆめぜん」で。まずは刺身盛り合わせ(タイ、ブリ、タコ)。
DSC_0030刺身ひとり盛り.JPG

だし巻き玉子。
DSC_0031だし巻き玉子.JPG

きびなごの天ぷら(塩焼きも食べたけど撮り忘れた)。
DSC_0033きびなご天ぷら.JPG

飲み物は地の焼酎「島美人」。
DSC_0032島美人.JPG

さて、明日に備えて寝ましょう。
タグ:
nice!(0)  コメント(0)